4月23日
キャラ紹介「パメラ」「イリス」追加!
音声試聴と声優さんのコメント追加!
 

17歳(男) 164cm 52kg
好きなもの:錬金術の知識
嫌いなもの:子供扱いされること
夢:錬金術を極める

 本作品の主人公。本作の舞台エスビオール地方から遥か西方の辺境、グゼスタイン出身の錬金術士。
 錬金術士として有名だった祖母ダフネから直伝で錬金術の知識を叩き込まれている彼は、この世界にあふれているマナの力を感じ、対話することが出来る。
 ダフネの安らかな死を見取った彼は、仲の良かったマナ、木素を司るマナ 「ドゥル」と共に家を出る。そして立ち寄った街カボックででリイタと出会い、カボックを見下ろすように高山の上に存在する天空都市アバンベリーを目指すことになる。

 あまり感情を表に出すタイプではなく、人付き合いも多くなかったが、天真爛漫なリイタと出会い、共に行動することで徐々に変わっていく。
【クレイン・キースリンク役:柿原 徹也】
クレインは子ども扱いされるのが大嫌い!そんな彼がストーリーの中で成長
していく…はず?皆さん、なにがあろうとクレインを愛してください!
 

16歳(女) 160cm 49kg
好きなもの:にぎやかなこと、にくきぅ、あんパン
嫌いなもの:自分のスタイル
夢:平穏に生きること

 本作品のヒロイン。カボックの街で、魔物退治を生業とする職業「ガルガゼット」の一人として名前が知られ始めている少女。
 常人離れした身体能力で周囲からも一目置かれている。明朗快活な性格で人には明るく振る舞い、にぎやかな場所にいることが多いが、時折とても寂しそうな顔をすることがある。
 ガルガゼットとして活動中に森で絶体絶命のピンチに陥っているクレインを助けたことで知り合う。そして錬金術士である彼に興味を持ったリイタはガルガゼットの仕事を彼に持ちかける。

 他の人には言えない秘密を抱えているらしい彼女。今回の物語のキーパーソンである。

【リイタ・ブランシモン役:西村 ちなみ】
リイタを演じられてとても嬉しかったです。ただ明るく元気なだけじゃない
彼女の弱さ、もろさが表現できればと思い魂を吹き込みました。
どうぞリイタをはじめ旅の仲間を信じてプレイしてくださいね!たまに
キツイ事も言いますが、メゲないで下さいね。
 

??歳(?) 30cm ??kg
好きなもの:クレインにチャチャを入れること、森の中
嫌いなもの:寒いところ
夢:マナのあふれる世界でのんびりしたい

 クレインが、まだ幼かった頃から一緒にいる木のマナ「ドゥル」。もともとはクレインの暮らしていたダフネの家にあった古木に住み着いていた。「ポポ」という名前はクレインによるもの(通常、錬金術士はマナに名前を付けたりしない)。やけにお調子者でおせっかいで、クレインを度々困らせている。

 木のマナ「ドゥル」は、名前の通り木の生命を司るマナで森の中などに行くとマナを感じ取れる人間なら見ることが出来るかも知れない。どんな小さな植物にも彼らの力が働いているが、樹齢何百年という巨木などになると力も相応の強力なものとなる。
 レガルザインの世界で人間達に「妖精さん」と呼ばれる存在は、この木のマナ「ドゥル」がレガルザインに帰依したものであり、「ドゥル」と「妖精さん」たちは遠い親戚のような関係にある。
【ポポ役 神田 理江】
外見的に初めて見たのは…もう結構昔ですよね(笑)
やはり、かわいいの一言です。
アトリエシリーズをずっとやってくださっている方は「この妖精また出た」って思われたかもしれませんが(笑)今回のこのポポというキャラはマナという存在なのです。『エターナルマナ』のマナなんです。
ということで、よろしくお願いします〜。
 

13歳(女) 120cm ??kg
好きなもの:食べ物全般(グルメ)
嫌いなもの:耳を触られること、さみしい場所
夢:ゼルダリア様の役に立つ人になること

 識者ゼルダリアの元で彼女の身の回りの世話をする少女。ネコのような耳と尻尾が特徴的な彼女だが種族、生まれ共にハッキリしない。下働きのようなことをやっているが実際はゼルダリアの娘のようなもの。彼女の指示で、クレインが大事にしている祖母の形見の本を盗もうと画策する。
 ゼルダリアに教わって、簡単な錬金術なら使うことができるが、その能力は半人前。人前では使うなとゼルダリアから言われている。まだまだクレインレベルの錬金術士には程遠いというところ。

 耳の裏をなでられると、とたんにヘニャヘニャと力が抜けてしまう。

【ノルン役 柳瀬 なつみ】
まっすぐで気持ちの良いキャラクターです。ニャンニャン言うし♪
子供で愛らしいキャラクターです。ニャンニャン言うし♪
喜怒哀楽がハッキリしていて欲求に忠実な発言をポンポンするので好かれるか嫌われるか分かれそうだなぁと思っていますが、やはり多くの方々に愛されると嬉しいです〜。
 

18歳(男) 171cm 60kg
好きなもの:動物
嫌いなもの:ムル
夢:ムルを倒す

 少し前にカボックにやってきた凄腕の剣士。しかしガルガゼット(=ゲヘルンを狩る仕事)はあえて携わろうとしない。聡明で冷静な性格に美形ということもあり、カボックに来てそうそうに名前を知られるようになった。が、彼は自分の過去を話したりしないため、彼のことを詳しく知っている者は実は誰もいない。
 アバンベリーを目指そうとする主人公たちの前に現れ、共に行動するようになる。彼自身の目的もアバンベリーにあるようだが、その内容は分からない。
何か謎を常に秘めている男。

 もともと凄腕である上に、冷静な判断でリーダーシップが取れるため仲間たちから信頼されるようになる。

【アーリン役 保志 総一朗】
アーリンは口数は少ないけど重要なことを言うので、一言一言が軽く
ならないように気をつけました。かといって感情を表に出すタイプでも
ないので、その辺の役作りに苦労しました。アーリンを救えるのは
皆さんだけです!是非あきらめずに最後までPlayして下さいね。
 

24歳(女) 172cm 60kg
好きなもの:かわいいもの
嫌いなもの:細かいこと、いい加減なこと
夢:変わってしまった兄を元に戻す

 アバンベリーを聖地、不可侵の地として崇めるアルカヴァーナ騎士団の元団員。剣術の修行のために地方に旅に出ていたが、不穏な噂を聞きカボックに戻ってきた。そこにはかつての姿は微塵も残っていない、全く姿を変えてしまった騎士団があった。アルカヴァーナ騎士団にはマレッタの兄がおり、かつての優しさや正義感を失ってしまった彼に心を痛めている。
 まじめな性格で、曲がったことが許せない正義の士。ちゃらんぽらんな人間は好きではない。細かい作業が不得意で、裁縫とかは大の苦手。

 

【マレッタ役 塩山 由佳】
マレッタのような強い女性を演じるのは好きです。大切なもののために戦うのってエネルギーがいるけど、素敵ですね。かっこよさと強さ、そして可愛いらしさと色気を感じていただけると嬉しいです。
 

24歳(男) 180cm 72kg
好きなもの:酒、女など
嫌いなもの:口うるさく言われること
夢:財宝見つけて一攫千金

 カボックでガルガゼットをやっている男。だいたい酒場にいる。ガルガゼットはゲヘルンという魔物を中心に、人に危害を与える魔物を狩る仕事。
 ガルガゼットとしての腕前は中の上ぐらいだが、何でも屋まがいに(たとえ裏のものだろうとも)さまざまな仕事をこなすという、裏街道メインの有名人。(裏面での相棒は「ピルケ」という謎の人物。だがその姿を知る人間はいない)
 アバンベリーにあるという財宝を探してみようと思っていたりもするが何が何でもと思っているわけではなく、じっくりと、しかし虎視眈々とチャンスをうかがっている状態。
 リイタと知り合いだった関係から、クレインと共に行動することとなる。軽薄な語り口に似合わず博識で、ここぞというところではクレインたちの行く道を示すこととなる。

【デルサス役 坂口 候一】
いやー、スケベなとこは、オレそっくり。
自分と似ているところがあるので、わりと演じやすかったです。
 

??歳(女) 150cm 40kg
好きなもの:ケーキ
嫌いなもの:冬場の寒い日
夢:ノルンたちとのんびり過ごすこと

 ポットの森の奥でひっそりと暮らしている「魔女」。その存在を知っている者たちからは怪しい術を使うと恐れられている。しかしその実態は錬金術士。かつてクレインの祖母ダフネと共に錬金術を学んだ学友でもある。その錬金術の腕で自らの若返りに挑戦したが、変わったのは見た目だけで中身は老婆のまま。
 ノルンと一緒に暮らしており、何でも興味を持つノルンに錬金術を教えようとしている。ぎっくり腰がひどいため、優れた力を持っているのにあまり表を出歩いたり積極的な行動をすることが出来ない。


【ゼルダリア役 鈴木 麻里子】
見た目は少女、中身は百戦錬磨の魔女というギャップが演じていてとても楽しかったです。油断するとおばあさんっぽくなり過ぎてしまうところがあったので気をつけました。
可愛さの中に鋭さと優しさが巧く出せていればなあと思います。
 

35歳(男) 175cm 74kg
好きなもの:トレーニング、ちょっといい話
嫌いなもの:理屈っぽい奴、まじめくさい奴
夢:力を手に入れて世界征服?

 カボックで幅を利かせているアルカヴァーナ騎士団の騎士団長。表向きはもっとも目立っている人物であるが、頭はちょっと不足気味。悪い人間ではないので部下に嫌われたりはしていないが、あんまり尊敬もされていない模様。5名のデコボコ騎士団員を率いて、アバンベリーを目指す主人公たちの前に、ことあるごとに立ちはだかる。
 かつては騎士団長として、優しく正義感あふれる好漢だと知られていたが、ムルが騎士団にやってきてから変わってしまった。金や力にこだわるようになり、アバンベリーに近寄る者や自分の管理下から逸脱する者を弾圧するようになった。
 言動がわざとらしく、しゃべり方も芝居がかっているがその剣の腕は確かで最強とも言われている。しかも今でも修行に余念がないという。


【ベグル役 玄田 哲章】
ベグルはまわりが見えなくなるほど直線的な性格が憎めない感じ。
こういうキャラは嫌いではない…というかちょっと親近感をもちました。
どういうふうにできあがったのか、僕も楽しみにしています。
皆様も、どうぞごゆっくりお楽しみください。
 

 ???歳(女) ???cm 0kg
 好きなもの:不明
 嫌いなもの:不明
 夢:自分の身体を見つけること

 のんきで、あんまり物を考えていない、ほわほわとした性格の女の子。
バスカウッドの森やカボックの周辺でよく見かけるが、実はその正体は幽霊。
言動や容姿があまりに幽霊離れしているため、誰も幽霊だと信じてくれない。人を驚かせるのが好きだが、誰も驚いてくれないのでいつもがっかりしている。いつの間にか死んでいていつの間にか幽霊になっていた彼女は、どうして自分が死んだのか、と考えていてもしかしたらどこかに身体があるかも知れないと探し回っている。
 ただ、自分の肉体を探しているが、ついつい目先の子供と遊んでしまったりしているためもし身体があったとしても到底見つかりそうにない。

【パメラ役 利田 優子】
「ユーディー」「ヴィオラート」と続けて登場させていただいたので今回果たしてパメラは出てくるのか?ちょっと不安だったのですが、再びパメラを演じることができて、とても嬉しかったです。
ゲームの雰囲気が以前と比べ、冒険色が強くなり全体的にシリアスムード漂う感じなのですが、パメラの登場がちょっとした息抜きになればいいなぁと思っています。
 

 ??歳(女) 155cm 45kg
 好きなもの:マナ
 嫌いなもの:マナを虐げる者
 夢:???

 かつて、天空都市アバンベリーで錬金術が花開いていた頃にいた偉大なる錬金術士。錬金術士は他にも数多くいたが彼女の能力と知識は絶大で、今日に伝わる錬金術の技法はほぼ全て彼女の流派の流れを汲む。そしてその技術はイリスの理論と呼ばれている。
 クレインの扱っている錬金術の技法もこのイリスの理論をベースにした物である。イリスは誰に対しても穏和でいつも物腰穏やか、周りに対しても心配りが出来る女性だったが、ひとたび錬金術に没頭すると食事も忘れるほどのめり込んでしまうこともあるという一面もあったという。
彼女はついに家庭を持たなかったが、しかし彼女には「娘」と呼んでいる6人の少女がいたという。

【イリス役 高橋 美紀】
イリスはたくさんの切ない気持ちを内に秘めているキャラクターです。
セリフは少ないですが、そこに秘めた想いを感じていただければと思います。
イリスのアトリエの世界でみなさんがどんな冒険をしてくれるのか楽しみ!
がんばってくださいね♪
 

アルカヴァーナ騎士団5人衆のリーダー。隊長であるベグルを心から信奉している。かっと熱くなりやすく、曲がったことが許せない、自分の信条をつらぬくためにバカ正直に突っ走るところはベグルと通ずるところがある。
カボックやアバンベリーを守るため、今日も悪に向かって剣を振っている(つもり)。実は自分の方がよく思われていないということに全く気が付いていないのだ。
 

アルカヴァーナ騎士団5人衆の2番手。実力は5人のうちトップだがリーダーのようなまとめ役を好まない一匹狼肌。いつも冷静で少し斜に構えているが、実は心の内は熱い男。ときおり暴走するアインのお目付役でもある。
ベグルに昔助けてもらった恩があるため騎士団に加わっているが、特にみんなと一緒に行動して何かしようという意思は強くない。
 

アルカヴァーナ騎士団5人衆の3番手。あまり騎士団員だという意識は強くなく、いつも食べることばかり考えている。
性格は温厚でかなりののんびり屋。食べ物さえあれば機嫌がいいが、逆に食べ物に対する恨みは誰よりも深い。
 

アルカヴァーナ騎士団5人衆の4番手。かつては酒場で働いていたが、ベグルの男気に惹かれて彼についていくようになった。騎士団になるためについてきてはいないので、あまり仕事には熱心ではない。いつも面倒くさそうに、けだるそうにしている。が、ベグルに危機が訪れたときはガゼンものすごい力を発揮する。
自分になついているフィンフを妹のように思っている。
 

アルカヴァーナ騎士団5人衆の5番手。孤児だったがベグルに拾われ騎士団員となった。戦いの経験や力量はほとんど無いが発明家で、騎士団員が使っている武具の一部なども彼女が作りだした物である。
孤児だったせいもあってか、人見知りが激しく気も弱い。ベグルとフィーアには心を開いているが、一番仲がいいのは彼女のペットのトン太くん(ぶた)。